top of page

Arraia da Bessa 2022 Group

Público·148 membros

[ストリーム*] 浦和 アル・アハリ ライブストリーム無料 22 12月 2023


アジア AFC チャンピオンリーグ を完全網羅 » リーグ表、結果、成績、オッズ、今後の試合のニュース&ライブビデオ.


浦和やマンチェスター・Cら参戦!! クラブW杯のライブ配信が 2023/12/11 — 国際サッカー連盟(FIFA)は現地時間12日に開幕するクラブワールドカップについて、日本では『FIFA+』で全試合無料配信することを発表した。 クラブW杯2023準決勝「浦和vsマンC」のTV放送中継予定 無料は? 2023/12/16. スポンサーリンク. 本ページは PREV: クラブW杯2023準決勝「フルミネンセvsアルアハリ」の放送中継予定! NEXT: 【EFLカップ2023-24】 ... AFCチャンピオンズリーグ - Wikipedia出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 このページのノートに、このページに関する議論があります。(2023年11月)議論の要約:2024/25シーズンの新コンペティションに向けた記事の取り扱いについて AFCチャンピオンズリーグAFC Champions League 開始年 1967年主催 AFC地域 アジア参加チーム数 40前回優勝 浦和レッズ (3回目)最多優勝 アル・ヒラル (4回)サイト 公式サイト (英語) 2023/24テンプレートを表示 AFCチャンピオンズリーグ(英: AFC Champions League)は、国際サッカー連盟(FIFA)が主管し、アジアサッカー連盟(AFC)が主催する、クラブチームによるサッカーの大陸選手権大会である。略称は『ACL』。 大抵は年度を付加して“AFCチャンピオンズリーグ [年度]”(英: AFC CHAMPIONS LEAGUE [year])などのように呼称される。記事によっては、“アジアチャンピオンズリーグ(Asian Champions League)“と表記されている。ここでは同大会の前身の一つでもあるアジアクラブ選手権についても記述する。 アジアのクラブチームにとって最も権威のある大会であり、本大会に優勝したクラブには400万USドルの賞金と勝利ボーナスなどが贈られると同時にFIFAクラブワールドカップへの出場権[1]、翌年のACL出場権が与えられる。 概要[編集] 各国・地域に割り当てられた枠内で、それぞれのリーグ戦またはカップ戦の上位チーム(クラブ)が出場する。 1967年12月にアジアチャンピオンクラブズトーナメント(英: Asian Champion Clubs Tournament、当時の朝日新聞紙面では「アジア・チャンピオン・チーム選手権大会」と紹介[2])として第1回大会が開かれ[3]、以後1969年1月、1970年4月、1971年4月と4度開催された[3] 大会が前身であり、14年の中断期間を経て1985-86年にアジアクラブ選手権(英: Asian Club Championship)として再開された[3]。 その後、2002年にアジアの実力ナンバー1クラブを決定する事を目的[4] に、これまで開催されていたアジアクラブ選手権、アジアカップウィナーズカップ、アジアスーパーカップの3大会を発展的に解消して発足[4] したのがAFCチャンピオンズリーグである。またAFCチャンピオンズリーグの下位の大会として、2004年よりAFCカップが、2005年よりAFCプレジデンツカップが開始されている。 ACLとして衣替えをした第1回大会は、SARS問題やイラク戦争の影響もあって決勝戦が当初予定から半年延期されたが、アル・アイン(UAE)がBECテロ・サーサナ(タイ)を得失点差の末に下して記念すべき初代王者の座を獲得している。 大会のテーマ曲と言うべきアンセムも存在しており、2010年に一新された。ただし、入場曲はFIFA公式戦同様「FIFA Anthem」を使用する例が多い(近年はACLアンセム使用例が多くなっている)。 2014年大会より、前年大会覇者にチャンピオンエンブレムが着用された(2014年大会で広州恒大が着用していたものと2015年大会でウェスタン・シドニーが着用していたものは形が異なっている)。 2022年2月25日に行われたAFC実行委員会で、AFC主催のクラブコンペティション(ACL及びAFCカップ)について、2023/24年大会より秋春制に移行することを承認した[5]。 2024/25シーズン以降の再編[編集] 2022年12月23日に開催されたAFC競技委員会で、ACLおよびAFCカップを含めたAFCのクラブコンペティションについて、2階層から3階層へ変更することを基本とした以下の再編構想を公表した[6][7]。 第1階層:東西12クラブずつ24クラブが参加。各チームがホーム4試合・アウェー4試合の8試合(従って総当たりではない)によるラウンドロビンを戦い、各グループの上位8チームずつ(合計16チーム)による決勝トーナメントを行う。 第2階層:東西16クラブずつ32クラブが参加。4チームずつの8組に分かれ、各グループでホーム・アンド・アウェー2回戦総当たりのラウンドロビンを戦い、各グループの上位2チームずつ(合計16チーム)による決勝トーナメントを行う。 第3階層:東西10クラブの20クラブが参加。4チームずつの5組に分かれ、各グループで集中開催での1回戦総当たりによるラウンドロビンを戦い、上位8チームによる決勝トーナメントを行う。 2023年8月14日に行われたAFC実行委員会でこの案が了承され、2024/25シーズンよりACL及びAFCカップを以下の3階層に再編することを決定した[8]。 AFCチャンピオンズリーグエリート (AFC Champions League Elite, ACLE) - トップティア。ランキング東西1-6位の12協会から24クラブが出場[9]。 AFCチャンピオンズリーグ2 (AFC Champions League 2, ACL2) - セカンドティア。ランキング東西1-12位の24協会から32クラブが出場[9]。 AFCチャレンジリーグ (AFC Challenge League, ACGL) - サードティア。ランキング東西11位以下の協会から20クラブが出場[9]。 これにより、ACLについては出場資格の上位クラブが出場するACLEと同じく下位クラブが出場するACL2に2分され、ACL2には(それまでのACLカップと異なり)クラブコンペティションランキング上位の国からも出場することとなった[10]。 これに関連して、AFCは優勝賞金の増額も発表し、最上級のACLEで優勝したクラブに対しては1, 200万USドル、準優勝でも600万USドルを贈呈するとしている[8]。また、ACLEの予選リーグ・およびプレーオフ敗退クラブはACL2へ、またACL2の予選リーグ・プレーオフ敗退クラブに対してもACGLへの出場権を付与することも検討されている[11]。 開催方式[編集] 出場条件[編集] 出場枠の基本[編集] 2017年-2020年の制度に基づく[12]。 各国・地域に割り当てられた枠内(後述)で、それぞれのリーグ戦またはカップ戦の上位チーム(クラブ)が出場できる。出場権の優先順位は原則として、全国レベルの最上位リーグ(上位ディビジョン)の優勝クラブが第1代表、全国レベルの国内カップ戦優勝クラブが第2代表、以下はリーグ戦の順位により第3代表・第4代表の順で決まる。カップ戦が複数存在する場合は、そのうちどれがACL出場権を決定するのに用いられるかを協会が決定する。 以下の理由により国・地域からの出場クラブ数が不足する場合は、当該国・地域におけるリーグ戦の順位で次点のクラブを繰り上げる。 ACL出場権を決定するのに用いるカップ戦が存在しない場合 カップ戦優勝クラブがリーグ戦でも上位に入賞した場合 リーグ戦・カップ戦の成績によりACL出場圏内となったクラブがACL出場資格を満たせなかった(クラブライセンスを認められなかった)場合 以下の理由により国・地域からの出場クラブ数が不足する場合は、繰り上げは行われない(当該国・地域からの出場クラブ数がそのぶん減る)。 リーグ戦・カップ戦の成績によりACL出場圏内となったクラブで、かつACL出場資格を満たしたにもかかわらず、出場を辞退した場合 出場枠の変遷[編集] 2002-03年大会は、予選などを経て16チームが選出された。 2004年大会から2008年大会までは、2002-03年の第1回大会では一部の国のクラブが参加辞退したケースが目立ったため、2004年にはAFC所属国の中の国別ランキング(通称AFCランキング、UEFAランキングと同様にクラブの成績によって算出)上位14ヶ国・地域にそれぞれ2クラブの出場権を与える形となった。ちなみに、AFCランキング15位〜28位の国・地域に所属する優勝クラブはAFCカップ、更に29位以下の国・地域の優勝クラブについてはAFCプレジデンツカップにそれぞれ出場する。 2009年大会から2011年大会までは、出場チームが29チームから32チームへ拡大された。以下にあげる32チームに本大会の出場権が与えられる。 今までのACLでの実績、および参加チーム数、経済規模や昇降格の有無などリーグ運営の点で評価の高い国から東西15チームずつ、計30チーム 東西各地区のプレーオフ優勝チーム、計2チーム。プレーオフには、東西それぞれ4チームが参加する。なお、プレーオフ敗者チームには、AFCカップへの出場権が与えられる。 本大会出場枠は、東地区が日本、中国、韓国から各4チーム、オーストラリアから2チーム、インドネシアから1チーム。西地区がサウジアラビア、イランから各4チーム、UAEから3チーム、ウズベキスタン、カタールから各2チーム。プレーオフへの出場枠(各地区優勝チームが本大会出場)は、東地区がインドネシア、タイ、シンガポール、ベトナムから各1チーム。西地区がUAE、インドから各1チームと前年度の西地区のAFCカップの上位2チーム。インド、シンガポールは2008年度までのACLに参戦しておらず、新規の参戦となる。またタイ、ベトナムは1〜2枠から実質0. AFCチャンピオンズリーグ これはアジアサッカー連盟とテレビ朝日がテレビ中継の日本での放映権を締結していたためである。 2008年度大会(鹿島・G大阪・浦和が出場)は、グループステージホーム戦 ... 浦和レッズ対アルアハリの放送を無料ネット配信のライブ中継 2 日前 — 本記事では、FIFAクラブワールドカップ2023|3位決定戦|浦和レッズ vs アルアハリ戦の地上波中継・テレビ放送予定と無料ネット配信(LIVE・見逃し・ハイ ...


Informações

Welcome to the group! You can connect with other members, ge...
bottom of page